当院では一人一人の患者様ごとに滅菌された器具を使用しております。
またグローブの使いまわしも一切しておりません。ご安心ください。

ロボット思考の人間

こんにちは、やまさき歯科矯正歯科の吉田です。

某ファーストフード店に、たま~にハンバーガーを食べに行くんですけど、

 

その際、カウンター越しに店員さんから、

「店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」

 

またコーヒーを頼む際、

「ホットですか?アイスですか?」と、

 

人の顔色も見ずに、ロボットのような言葉で聞かれます(最近はおばちゃんの店員さんもいますが)

 

こんな感じで、
最近は言葉尻だけを追って、解釈の応用が出来ないロボット思考の人が増えているように感じます。

 

これは会社や病院などの仕事でも、

 

・プログラミングのような、機械的な1対1の指示でしか動けない社員。

 

・指示した内容以外は、ロボットのように停止して、ただ待機している人。

 

・全体を考えた、協調性と、応用の行動を1つの指示からできる光る人間。

 

こんな感じで2分する分かれ目が今の人間には始まっているようですよ。

 

ロボットのような指示待ち人間になると、
地震とか台風とかの災害の時も大変だと思います。

 

避難もせずに、思考停止状態が継続する可能性には注意しなきゃですね。

 

(当院にもこんな人がいないことを願っていますが・・・)

 

ばってん私は、ロボット人間から目覚めて、真の人間に戻るのは可能であると思うし、
意外にも簡単かもしれませんよ。

 

その方法とは、「愛情」と「思いやり」ですたい!

 

人がロボット化する原因に、
愛情よりも叱責や、罵倒ばかりを体験して、心が冷え切っただけかもしれませんからね。

 

では、他人から愛情を受ければ改善するんでしょうか?

 

冷え切った心には、
拒絶の壁があり、これを溶かすのは大変ですよね。

 

また、他人から愛情を待つだけの受け身状態のままでも、
さらなる裏切りと罵倒を受けやすいパターンなんです。

 

だから、
このままでは自分はダメだと思えた人は(これは必須条件みたいですよ)

 

・自分から、愛情を出すことを意識してみること。

 

・自分からの一方通行の「思いやり」を出す練習をすること。

 

・その見返りを、初めから期待しないこと。

 

これらの継続は、
他人から、自分が愛情を受ける因子を知らずに増やして行くように感じますよ。

 

私もあることをしながら、

自分から「愛情と思いやり」を出す練習をやっていますよ。

 

なん~て、堅苦しい話になりましが、
さ~てと、

 

今日は久しぶりにロボット人間がいる某ファーストフード店に100円コーヒーでも飲みに行こうかな・・・。

 

 

ご予約・ご質問などあればお気軽にお問い合わせください

©2016 yamasaki dental clinic. All Rights Reserved.