当院では一人一人の患者様ごとに滅菌された器具を使用しております。
またグローブの使いまわしも一切しておりません。ご安心ください。

歳をとると歯周病になりやすいのはなんで?

こんにちは、やまさき歯科矯正歯科の村山です。

 

歯周病は、歯茎の溝に棲んでいる歯周病菌によって起こる病気です。

 

細菌感染により歯茎に炎症が生じ、炎症の進行により、歯茎の組織や歯を支えている骨が壊されていきます。

 

歯周病になっている人の割合は、20〜30代では約3割ですが、50代では半数を超え、60代後半では約6割に達します。

 

歳をとると歯周病の人が多くなるのは、次の3つの「加齢による歯茎の変化」が考えられます。

 

①歯茎の免疫力の低下により、歯周病菌から歯茎を守る力が弱まる。

 

②歯茎の細胞の老化。

 

③歯茎の血管の変化(硬化)により、歯茎の組織に栄養が十分に運ばれず、感染への抵抗力が弱まる。

 

歯茎を加齢から守る為にも、歯科医院を定期的に受診して、歯茎のチェックやお口の清掃を受ける事をお勧めします。

ご予約・ご質問などあればお気軽にお問い合わせください

©2016 yamasaki dental clinic. All Rights Reserved.